スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
飛んででイスタンブール5
2006年6月5~6日    最終日



旧市街を走るトラム。
アクビル(東京で言うスイカ)を使い、乗り回しました。

060605_1.jpg



グランドバザール

060605_2.jpg

世界的にも有名な巨大マーケット。
4000~5000ものお店がところ狭しとならんでいます。
貴金属、骨董、お土産、絨毯、布、革製品などなど。
ここは楽器屋さん。旅行中3回ものぞきにきてしまいました。



060605_3.jpg

帰りの便までの時間、行くとこがなくなってきて「小アヤソフィア」へ。
観光客らしき人は私たちくらい。
敷地内にはカフェもありそこでのんびりさせてもらうことにしました。
ぼーっとしました。




続きを読む
スポンサーサイト
[2006/06/06 11:25 ] | トルコ | コメント(0) | トラックバック(0)
飛んででイスタンブール4
2006年6月3~4日 (5日目~6日目)



今日はオプションの半日観光。
トプカプ宮殿、ブルーモスク、バザールです。


金角湾、マルマラ海、ボスポラス海峡が一望できる丘にたつとプカプ宮殿。
オスマントルコ歴代の居城で4000人の従者が暮らしていたそうです。
現在は博物館として公開されていて豪華な調度品、財宝、室内装飾に当時がしのばれます。また1日かけてゆっくりみたいです。

060603_1.jpg

外でジュースをうっている人。
清潔じゃないので飲まない方がいいとガイドさんが言ってました。

060603_2.jpg



続きを読む
[2006/06/04 11:14 ] | トルコ | コメント(0) | トラックバック(0)
飛んででイスタンブール3
2006年6月2日 トルコ4日目



カイセリ空港から国内線でイスタンブールへ。

060602_1.jpg


1時間足らずの移動ですがボリューム満点サンドイッチと激甘マフィンつき

060602_2.jpg



アヤソフィア

060602_3.jpg

イスタンブールの歴史を物語る聖堂、「アヤソフィア」です。
527年に完成した巨大聖堂は世界最大級。内部のいたるところに装飾が施されているのも見て美しい。
ローマ帝国からオスマントルコ、そして今と、長い歴史を感じさせます。




続きを読む
[2006/06/02 11:07 ] | トルコ | コメント(0) | トラックバック(0)
飛んででイスタンブール2
2006年6月1日 3日目


カッパドキア
キノコ状の奇石が林立する峡谷の風景。
不思議な景色。みてて飽きません。


060601_1.jpg


お決まりコースのじゅうたん屋へ。
たしかにすてきな絨毯がいっぱいですが、押しの強さにやや、ひきぎみの私たち。

060601_2.jpg

洞窟を利用したすてきなレストランでランチ。
つぼ焼きケバブなどおいしいものをいっぱい食べました。

060601_3.jpg

かわいいコーヒーやのおじさん。立派すぎるから付け髭かなあ。。。

060601_4.jpg

ウチヒサル

尖った城磐と呼ばれる古い町。
この突き出た岩山を中心に城下町のように家々が屋根を連ねる。
夕暮れ時もとってもきれいな景色だそうです。
ここはほんとに世界遺産がいっぱいです。
不思議な魅力の街です。

060601_5.jpg



3日目は写真少なめ。
4日目へつづく



[2006/06/01 11:01 ] | トルコ | コメント(0) | トラックバック(0)
飛んでイスタンブール1
~姉とトルコ旅行~  2006年5月30日 (火)


出発 成田空港にて

いよいよイスタンブールへ。
トルコは日本の2倍という大きさ。今回はイスタンブールとカッパドキアに絞りました。
西洋と東洋、キリスト教とイスラム教、文明、文化がいりまじるトルコの魅力に迫ります!!

060530_0.jpg


直行便はトルコ航空のみ。
約12時間半でイスタンブールに到着します。
スリッパや歯ブラシ、アイマスク等が入ってるポーチが配られました。
各航空会社によってサービスが異なるのでそこから既に国際線 空の旅の楽しみです。
機内食もまあまあおいしかった。着く頃にもう一度夕食(?)が出ました。
もちろんドリンク飲み放題。
たっぷり眠れるようにワインを。。。
機内でトルコ語会話の本をぶつぶつと読んでいたら、隣に座っているトルコ人の男性が流暢な日本語で話しかけてくれました。
トルコのおいしい食べ物や言葉などなどいろいろおしゃべりしてとっても楽しい機内をすごしました。

060530_1.jpg

隣のトルコ人とおしゃべりしていたので割とあっさりとイスタンブール空港に到着。
国内線乗り継ぎでトルコの首都アンカラへ。
あのトルコ人がアンカラ行きのゲートに座っていました。
あら、アンカラが実家だったのね~。
この方、8年アメリカ、この1年日本のコンピュータ会社につとめていたという優秀なお方です。

060530_2.jpg


続きを読む
[2006/05/31 09:08 ] | トルコ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。