スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
リーデルワインセミナー
第5回リーデルワインセミナー(2010/11/14)

ワイン王国とエノテカのコラボセミナーだったようです。

お友達が応募してくれてあたり、私も参加できました!!


グラスの種類とデキャンタージュによる味香の変化を体感がテーマでした。


item_PZA0003_1.jpg

デキャンタージュとは、ワインを開かせる。。。
眠っていたワインが本来のポテンシャルを引き出す時間を短縮できるという効果もあります。



たくさんの種類があるリーデルのデキャンタの中からデキャンタイヴを使用しました。


1950_09_s.jpg



旧約聖書「創世紀」にて、神(主)によって創造された最初の人間とされるアダムとイヴ。
エデンの園で、禁じられていた「善悪の知識の木の実」を“蛇”にそそのかされて食べてしまうという、
人間の原罪を綴ったストーリーから、“蛇”をイメージさせるこのデキャンタは、
リーデル家11代目マキシミリアン・リーデル氏によってデザインされ「イヴ」と名づけられました。


との事です。


10111506.jpg


これが、回すと音がでて面白いんです。
見た目もインパクトすごいですね。

10111504.jpg




音や見た目もさることながら、やはり味!!
デキャンタージュをして飲むシャトー・ジスクール07年は、美味しかったです。
もちろんリーデル社の最高峰シリーズである、ソムリエシリーズのグラスを使って頂きました。



つづく
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/11/18 12:46 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。